対面授業再開

緊急事態宣言が解除され、津田沼駅周辺も立ち歩く人が増え、少しずつ以前の活気が戻ってきましたね(大丈夫なのか)。習志野も分散とはいえ、さっそく6月からは毎日通学が始まります。
コロナウイルスの危険が去ったわけではなく、決して楽観視しているのではないのですが、6月より対面授業を開始することを決定しました。
決してオンライン授業が不評だったわけではありません。
むしろzoomには通常の授業より良かった点もあり、むしろ科目によっては生徒にとっては普段より理解しやすかったようです。
多少、タイムラグがあったり、多少の意思の齟齬が生まれるストレスはありましたが、思った以上に使い勝手はよく、全体的にはむしろ好評だったと思っております。

オンラインのマイナス点は、特に「確認」の部分で不足が生まれます。
小テストなどの演習も実施できないケースが多く、また、宿題の確認も不足します。
そこで、『学伸奏の杜』では、まずご家庭とラインでつなぎ(クラスや学年でグループ化せず、ご家庭ごとにグループ化しました)、小テストはいつも通り実施し、それをすぐに写メで送ってもらい、すぐに間違え直しをして返信。
そして1週間に1回、登塾していただく(その際に宿題もチェックできます)流れをとりました。
そして、密を避けるため、「登塾予約」システムをつくり、30分に2人だけの空間で(終わらない生徒がいると4、5人くらいにはなりますが)、実際に目の前で満点を取ってもらう。
そして帰りに次の1週間分のプリントを持ち帰ってもらう、という流れをつくりました。




全てを1人でこなさなければならないので、手間は普段の3倍くらいになりましたが、「自習タイム」を含め、学習の定着をはかるという意味では、安全を確保しながらも、オンラインの不足部分を補える塾運営ができていたのではないかと思います。

それだけに、もう少しオンラインで様子を見てもいいくらいには思っていたのですが、やはり長い時には3時間くらいになる授業を、朝行うのと夜行うのではご家庭の負担も大きく異なるので、出来る限りの配慮をしながら、塾で授業をさせていただく結論に至った次第です。

『学伸奏の杜』ではこれからも生徒さんたちの安全を第一に、学びの場を提供していきます。

塾の蘭が3回目の花を咲かせました。みんなで自粛して我慢したこの数か月、あと少し我慢(注意)すればきっと素敵な花が咲きますね。

オンライン授業

『学伸奏の杜』ではオンライン授業に切り替えますが、一番心配しているのは、生徒たちの学習環境です。5月も学校の休校が決定し、これでまる3か月、学習の機会が失われています。

そこで、逆にオンラインの利点を利用して、学習管理をすることにしました。『学伸奏の杜』は非常に小さい個人塾ですので、生徒たち全員を一度に呼ぶことはできません。
ところが、オンライン上はこれが可能になります。
基本的には「自習」という形で集まるだけなのですが、他の生徒が頑張っている姿を見ることができますし、感じることができます。「自習」の部屋と「授業」の部屋を分け、常時であれば学校があったはずの時間は勉強を頑張ろう、というものになります。「自習」の時間には、「質問タイム」も設定します。

正式には5/7(木)よりスタートになりますし、講師は私ひとりですので、果たしてどこまでうまく回せるか心配なところもありますが、生徒たちも頑張る気持ちがないわけではないので、その機会さえあればきちんと頑張ってくれるはずです。

『学伸奏の杜』では4月もきちんと授業ができました。生徒たちの安全を考えて、またその未来のためにも対面できちんと授業をしました。たとえ夏休みがなくなっても、仮にそのまま2月に入試が行われても、しっかりカリキュラムを通す予定です。
参考までに今年の中3のこれまでの進度を報告しておきます。

英語:受動態(3度目終了)
   現在完了(3度目終了)
   教科書L3まで本文は終了
   ※中1の復習 be動詞
数学:式の展開
   平方根(2度目ほぼ終了)
   ※中1の復習 正負の数の計算まで終了
国語:「春に」
   「立ってくる春」
   「私」
社会:大正デモクラシーまで(2度目)
理科:運動
   ※中1の復習 生物範囲(植物のつくり)

学校が休校で受験に不安を感じる中3生は、是非遠慮なくお問い合わせください。
お待ちしております。

対面授業中止の決定

オンライン授業に切り換えます

『学伸奏の杜』では、これまで「集団感染」のリスクを下げるために、考えられるあらゆる手段を講じてまいりました。
習志野市の市立小中学校の休校の延長決定と、「緊急事態宣言」の延長発表が見こまれる現状を鑑みまして、生徒様の安全を第一に考え、このタイミングで、対面からオンラインへの授業に切り換えた次第です。

このウイルスの恐ろしいところは、非常に感染力が強く、しかも生存力が強いところにあります。しかも保菌者が無自覚無症状で感染源になり得るのです。
その実空気感染力はそれほどでもなく(とはいえ三密状態では避けようがないですが)、逆に飛沫感染や接触感染力は恐ろしいほどに強いと見ています。
つまり、発生者自体の数云々よりも、それが身の近くに来るタイミングを測ることが最も大切だと見ていました。

北海道でも、厳しい封じ込め策で、3月中旬には1日数件ほどの発生者にとどまり、一旦は緊急事態宣言が解除され、4月には学校も再開されました。ところが、4月中旬以降、前回の発生者数をはるかに超える感染者数が報告されています。第二波の発生です。
いかにこのウイルスが目に見えない形で、じわじわと身近に忍び寄ってきているかが分かります。

おそらく目に見える形ではウイルスの影が薄くなったように感じた後の1ヶ月が最も注意が必要でしょう。この5月(6月)が我慢の時、勝負の刻です。
幸い、コロナもウイルス、紫外線と湿度には弱いという調査報告もあります。夏前にはまた直接顔を合わせて一緒に授業ができると期待しています。

皆様もくれぐれもご注意くださり、少しでも安全に毎日をお過ごしいただければと思います。

皆の力でコロナを打ち負かしましょう!

新ホームページ開設

4/5(日)新ホームページへリニューアルしました。随時追加修正加えていきます。
一部情報が正確ではない可能性があります。ご不明な点は直接教室までお問い合わせください。